美容・ダイエットコラム

ルメートルセラピー® エステサロン初心者ガイド3

カテゴリー:エステ初心者ガイド 2015.02.04

witch.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像



●第2章 「エステサロン業界の常識 = 世間の非常識」 悪徳エステティシャンの手口


例えば、痩身(ダイエット)のエステサロンがトリートメントを行い、1mm1gでも減らなくても言います。
『個人差がありますから、、、』
信じられないかもしれませんが、各社マニュアルでそのように教育されているからです。

理由は簡単です。99%以上のエステサロンは効果がでない事を前提に考えているからです。

効果を出すには技術開発・化粧品開発・人材育成等々の膨大なコストが必要です。なので、利益至上主義の"ぼったくり"悪徳エステサロン社は大手全国チェーン店であれば広告費に大金を使い、有名人を起用し、「タレントさんがおすすめしているから安心ですよ」と摩り込み、CMや新聞折込等であなたを勧誘します。

あなたから"ぼったくる"ために。

怖いですね?。
本当に何も知らないと"ぼったくり"悪徳エステサロンの餌食になってしまいますので、危険です。

これから悪徳エスティシャンの性質・手口を詳しく説明して参ります。


パターン? 怒る・脅す悪徳エスティシャン

まず、

『今まで何をしてきたの?』

『よく、ここまでほったらかしにしていたわね!』

等威圧的に振る舞い相手の顔色を伺います本当に悩んでコンプレッスがある人は心が折れてしまいますよね?
そこに悪徳エスティシャン達は漬け込みます。

散々攻め立てて、最後に

『大丈夫。あなたを救う方法は・・・』

と満面の笑みで高額なコース契約を提示します。

しかも、「今日までのキャンペーン」だとか「店長の権限で」等々、契約するまで滅多な事では帰しません。

恐ろしいですね。。。

(2014年1月に行政処分された最大手エステT社は4時間以上の勧誘をした等の事例が多数寄せられたのが理由と経済産業省が発表していました。)

 

パターン? 強引なマッサージで卑怯な勧誘する悪徳エスティシャン


悪徳エスティシャン達のマッサージはまるで親の敵のように、力いっぱい何度もリンパ節や筋肉の間の腱をこすります。すると

 

すると悪徳エステティシャン達はこのように言います。

『痛いのは我慢してください。これは老廃物が溜まっている証拠で好転反応(*1)として出ています。回数をこなすと老廃物もスムーズに流れるので、痛みも和らぎますよ。だからこれくらい通いなさい。」と高額なコース契約を勧誘します。

一見、素直な方でしたら「キレイになりたいのであれば痛いのもしかたないし、一生懸命してくれるのだったらお金もかかるのかなあ?」と考えてしまいますが、そのような優しい悪徳エステティシャンはいません。

 

マッサージ後にその部分が痛くなり体がだるくなるのは揉み返しという症状です。雑居ビル等での中国人が行う60分2980円のマッサージでも「強くして」と依頼すると同じ症状になります。揉み返しをおこす事は簡単でこれは下手なマッサージの結果です。

初めてエステに行く方は、うっかり信じてしまうので要注意です。

 

しかも、私が業務提携している医師にこの事を伝えると、驚愕の事実がわかりました。

『その痛くなったり体がだるくなったりするのは、無理な圧力を与えすぎた結果に伴う炎症に近い症状ですね。それに、血行不良となり老廃物は余計に排出しなくなる可能性があるよ。』
『ええ????!!!!』
つまり、悪徳エスティシャン達の痛められる強引なマッサージはキレイになるどころか汚くなるという事実だという事でした。
自分でお金を払って、自分の体が汚くなるなんて、、、悪徳エスティシャンも恐ろしいですが、事実って酷な事もありますね。

 

パターン番外編 少数派のパターンもいくつか紹介します。

 

◆ 法律を無視する悪徳エスティシャン

 

エステティックサロンは特定継続的役務提供に指定されている業態ですので、薬務契約してから契約期間以内の中途解約は法律で認められています。

それにも関わらず、中途解約を拒否する悪徳エスティシャンもいます。法律は違反したほうが負けますので、そのような状況になった場合は弁護士に相談して内容証明を送付する事から始めてください。

 

◆ 古典装置を使う悪徳エスティシャン

 

化粧品販売系のエステ社にたまに出没しますが、カーテンで覆った機械に顔を入れて、そこへブラックライトを当て写真を撮ります。画像であたかもシミが多数あるような事をネタに化粧品を半年?1年分大量購入させる手口です。

これは20年程前からありますが、変わらず同じ手口で勧誘営業している化粧品販売会社も現実に数社あります。

この手の"ぼったくり"悪徳店は、駅構内のイベントコーナーや特設会場で『無料で肌診断しますよ?』と呼びかけてくるので、くれぐれも注意してくださいね。

タダ(無料)より高いものはありません。




エステサロン初心者ガイド4へつづく コチラ>>




美容・ダイエットコラムトップに戻る

ページトップへ
スマホサイトを見る